馬券の買い方

競馬予想

 初心者の場合、最もシンプルで分かりやすく、比較的当たりやすい単勝か複勝馬券を買うのが良いようです。しかし、人気馬の単勝や複勝は倍率が低く、思い切った金額で買わない限り、当たっても微々たるものであることが多いです。そうすると、組み合わせの馬券に手を出したくなり、友人から「馬連5頭ボックス」を薦められてやってみるのですが、これまた派手な当たりがなかなか出ないのです。そこで、今度は「3連複4頭ボックス」を薦められてやってみると、今度は3頭目を外すパターンが多く、なかなか当たらないのです。 
  このような悩みを解消するために、手っ取り早く「保険」をかける買い方があります。例えば、馬連5頭ボックスにワイドを買い足す、3連複4頭ボックスに馬連を買い足すなどです。あまり男気がない買い方とも言えますが。
  また、馬連③-⑤を600円買うのと、馬単③-⑤、⑤-③を各300円ずつ買うのでは、内容は同じですが配当が変わってきます。馬連と枠連も同じ内容の馬券になることがあります。このように、馬を決めたら、どの式別で買うとより高配当になるかを考えて買うことが大切です。ほんの数十円の違いでも、日頃からそのような癖をつけておくことで、積もり積もった金額が回収率につながるわけです。
  一番やってはいけないのは、馬を絞りきれないで、バラバラな式別の馬券でなんとなく多くの馬を絡ませる、というものです。直前に「やっぱりこの馬も枠連で買っておこう」といった勢いで馬券が増えていくパターンです。これは面白いほど当たりません。ほとんどの馬が絡んでいるはずなのに、的中馬券は不思議と隙間をついてきます。たまに人気通りの決着で馬連あたりが当たっても、人気通りなので当たり負けもいいとこです。馬が決まらないときは買わない、というのは基本中の基本ですね。

12.まとめ/前が残る

このページの先頭へ