後ろが届く

競馬予想

 差し・追い込みが決まりやすい条件を見てみましょう。
○ 東京競馬場
  長い長い直線は、前の馬がズルズルと後退し、差しや追い込みがドドドッと押し寄せるイメージがあります。実際は、4コーナーで外を回るとロスが大きく、届かない場合も多いですし、仕掛けどころが遅すぎて不発に終わることもあります。いずれにせよ、長く良い脚を使える馬でなければゴールまで持ちません。
○ 短距離
  ハイペースになりやすいからです。ハイペースになると後ろが有利と言われます。逃げ・先行馬はスタミナを消耗し、ゴールする前にバテてしまう、というのが一般的な考え方です。
○ 熾烈な先行争い
逃げ・先行馬が複数いる場合、激しい先行争いが生じ、ペースが速くなりがちです。
○ 超スローペース
直線で上がり勝負になれば、瞬発力自慢の追い込み馬が届きます。瞬発力自慢の先行馬がいれば、分が悪くなりますが。

10.その他のファクター/サイン

このページの先頭へ