騎手

競馬予想

 「馬7騎手3」という言葉があります。競馬は7割が馬の能力だが、残りの3割は騎手の手腕によって決まる、という意味です。たったの3割と思われるかもしれませんが、これはつまり、馬の能力が多少劣っていても騎手が敏腕なら勝てる、ということに他なりません。血統やパドックやナントカ指数で必死に予想しても、誰が乗るかで覆されてしまうのです。そして誰もが思い知らされるのは、「巧い騎手には走る馬が集まってくる」というシンプルな現実です。
  騎手で馬券を買う人の中には、単純に好き嫌いで買う人も多いと思います。気に入った騎手をとことん追いかけていけば、いつか万馬券に遭遇することもあるでしょう。しかし、もっと的確に馬券につなげるためには、それぞれの騎手の特徴を掴むことです。スタートの巧さ、ペース配分、仕掛けどころの判断、追い方など、レースにおける技術的な観点からだけでなく、牝馬の得意不得意、気性難の扱い、など馬との相性やコースや特定のレースとの相性まで、チェックポイントは挙げればキリがありません。
  極端な例ですが、馬を見ずに騎手だけで買う馬券術もあります。統計、あるいは印象のみをもとに、いくつかの法則を生み出します。A騎手が一番人気になっているときのB騎手は買い、といったような具合です。ここの厩舎の馬にこの騎手が乗るときは狙い目、のように厩舎との絡みで予想する場合もあります。走るのは馬、走らせるのは人、ということでしょうか。

8.人を見る/エージェント

このページの先頭へ