無料競馬予想(GI)(GII)(GIII)馬券術と競馬予想サイトの紹介

馬体重

競馬予想

 馬体重は、前走との比較で増減を発表されますが、重要なのはその馬の適正馬体重と比べてみることです。一番調子の良かったときの体重から3%以上増減があると、実力発揮が厳しいと言われています。
  体重というものは単純に、「休めば増える、走れば減る」が基本です。しかし成長期の2歳~4歳くらいまでは、むしろ減るほうが心配です。夏場は汗をかきやすいので、多少の減は気にしなくても良いですが、3ヶ月以上の休養明けで大幅に体重が減っている馬は調子が怪しいと見るべきでしょう。ただし、叩き2戦目の大幅減は、グッと絞れて勝負気配ですから買いと言えます。
  連闘なのに増えている、もしくはレース間隔が空いているのに減っている馬は要注意です。輸送や変則日程による大幅な増減に関しても、調整がうまくいかなかったと考えられるので嫌いたいところです。
  適正馬体重が定まらないのであれば、±15kg程度をチェックの目安にします。
しかし実際は、数字の割に馬体がよく見えることも多いので、あまり増減ばかりを気にしすぎないことも大切です。+46kgで勝ったマンハッタンカフェの例もありますから。また、パドックで馬体を見る前に馬体重を確認してしまうと、先入観で太く(あるいは細く)見えてしまうので良くない、という考えもあります。

スポンサーリンク

7.馬体を見る/パドック

このページの先頭へ