奇跡の血量

競馬予想

4×3もしくは3×4(三代前の祖先と四代前の祖先が同じ馬)のインブリードでは、その血量が18.75%となり、名馬に多く見られることから「奇跡の血量」と呼ばれている。この考え方は、戦後アメリカから入ってきたもので、国内ではトキノミノル(ザテトラークの3×4)の活躍によって注目されたと言われる。

インブリードでは共通する祖先の能力が強く受け継がれる反面、濃すぎる血が虚弱体質や気性難などを引き起こすと言われています。そのバランスの限界がこの奇跡の血量18.75%と考えられているわけですが、この説には科学的根拠がなく、経験による法則と思われます。
国内では、先述のトキノミノルの他、コダマ(ブランドフォード)、トウショウボーイ(ハイペリオン)、サクラユタカオー(ナスルーラ)、ヒシアマゾン(ニアークティック)、メイショウサムソン(ノーザンダンサー)などがこの配合で活躍しています。

6.血統を見る/毛色

このページの先頭へ