枠順

競馬予想

 枠順は、脚質や馬場状態などから、不利(または有利)となる場合があります。一般的には内枠の方が先行しやすいと言われます。最短でポジション確保できるという利点からです。しかし芝の状態が悪いと、荒れやすい内枠は有利とは言えませんし、先行・差し馬の場合は揉まれる不安もあります。だからといって外枠では、すぐ内側にいる馬が同じ脚質の場合、なかなかポジションを確保できず、狙いより後方の位置になってしまうことがあります。また、逃げ馬にとっての外枠はかなり不利で、特に内枠に別の逃げ馬がいた場合は後手に回されることが多くなります。
  馬の個性によっても有利か不利かの見方が変わってきます。内ラチに頼って走る馬は外枠では力を出せませんし、ゲートの中で落ち着かない馬の内枠奇数番は不利ですし(ゲート入りは内枠の奇数番から)、大レースのスタンド前スタートは観客の声がもの凄いので、大外枠が臆病な馬だとびっくりしてしまいます。
  その他、コースの特徴や距離によっても枠の有利不利がありますから、レースごとの条件によって他の様々な要素と照らし合わせながら、枠順を検討すると良いでしょう。

4.馬柱を見る/ローテーション

このページの先頭へ