脚質

競馬予想

 脚質とは、瞬発系か持続系かで分けられることもあり、その場合は血統などから判断することもできますが、ここでは一般的なレースでの位置取りを表す「逃げ、先行、差し、追い込み」 について説明します。
脚質の決定は、馬の性格や能力はもちろんですが、騎手や陣営など「人」による影響力が少なくありません。ですので、後方からの競馬をしてきた馬が一転して逃げる、あるいは揉まれる競馬を覚えさせるために逃げ馬を控える、などということはよくあります。また自在脚質と言って、レース展開や馬場状態に合わせて戦法を変えられる馬もいます。基本的には、過去の戦歴から各馬の位置取りを予想しましょう。
○ 逃げ
  前に他馬がいるのを嫌がる、臆病あるいは逆に闘争心の強い馬や、砂をかぶるのを嫌がる馬がこの戦法で走ります。また、一頭だけ飛び抜けて能力が高いために一度もハナを譲らず、結果的に逃げとなることもあります。
  ゲートが上手で、ダッシュがつくことが逃げ馬の条件で、単騎逃げからそのままゴール板を駆け抜ける、というのが最も理想的な勝ち方と言われます。ハイペースになると終盤バテてしまうため、遅めのペースを作るのが基本です。
  派手な大逃げで多くのファンを魅了した、サイレンススズカやツインターボなどが有名です。
○ 先行
  レース前半は逃げ馬の後ろにつけ、後半それをかわしに行くという、道中不利を受けにくく、最も実力を反映しやすい戦法と言われます。よく「熾烈な先行争い」と評されるように、出走メンバーの中に何頭もいることが多いですから、揉まれても負けない性格と、スタートダッシュも良くなければなりません。
○ 差し
  レース前半は中段からやや後方に位置し、後半で瞬発力を発揮する戦法です。馬込みを怖がらない、砂を浴びても嫌がらない性格と、切れる脚が必要とされます。展開や相手関係によって先行の位置取りになることもあります。
○ 追い込み
  ほぼ最後方につけてスタミナをできる限り温存し、ラストスパートでまとめてかわす戦法です。馬込みや砂を浴びるのを嫌う馬や、スタートダッシュが苦手なのんびりとした性格の馬に多いです。道中スローペースになると最後の追い込みが届かない、前が壁になって抜け出せない、仕方なく大外に持ち出して距離をロスする、など展開に左右されやすい戦法と言えます。早めにスパートをかけられる脚があればいいですが、いずれにしろ爆発的な瞬発力がないと決まりにくいでしょう。
  勝てば大逃げ同様、競馬場を大いに沸かせる華やかさがあります。ミスターシービーやディープインパクトなどの鮮やかな追い込みは、今でも伝説となって語り継がれています。

4.馬柱を見る/枠順

このページの先頭へ